京都・滋賀のガーデニング建材販売店、和庭、洋風庭園、外溝工事、エクステリア、石工事、土木工事は株式会社阪口へ

施工方法

乱形石材の貼り方

  • 乱形石材の貼り方1
    (1)
    タイルを敷く部分を、ほうき等できれいにそうじします。
    ※敷く部分を 水でぬらすこともいいでしょう。
    ↓
  • 乱形石材の貼り方2
    (2)
    混ぜた『空練り』を、敷きます。
    敷く高さ(厚さ)は30~50mmです。
    図のように、2×4(ツーバイフォー)などの木材を置いて、厚さを決めると楽です。
    ↓
  • 乱形石材の貼り方3
    (3)
    細長い板を適当な長さ(図では、50cm程度)に切り、『空練り』を水平に均します。
    ↓
  • 乱形石材の貼り方4
    (4)
    左官ごてなどを使って表面をたたき、固めます。
    ↓
  • 乱形石材の貼り方5
    (5)
    『石材』を仮置きします。
    ↓
  • 乱形石材の貼り方6
    (6)
    削りとる部分を、鉛筆で書いておきます。
    ↓
  • 乱形石材の貼り方7
    (7)
    かなづちなどを使って少しずつ削りとります。
    ※石材の下には、レールなどのかたい物(レンガやブロックなど)を置くといいでしょう。
    ↓
  • 乱形石材の貼り方8
    (8)
    石材を、ゴムハンマーや水平器を使って敷きます。
    ↓
  • 乱形石材の貼り方9
    (9)
    ゴムごてなどを使って目地に『セメントペースト』を入れます。スポンジを水に濡らして余分な『セメントペースト』を拭き取ります。『乱形石材貼り』の出来上がりです。
    ※『セメントペースト』の目地入れやスポンジの拭き取りなどは『タイル敷き』や『板石敷き』の項目をご覧ください。
▲ このページのトップへ